コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルンマー=ゲールケ平行板 ルンマー=ゲールケへいこうばんLummer-Gehrcke plate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルンマー=ゲールケ平行板
ルンマー=ゲールケへいこうばん
Lummer-Gehrcke plate

多重反射を使って鋭い干渉縞を得る多光線干渉計の素子。水晶またはガラスの精密な平行平面板の一方の端に,図のようなプリズムを貼付けたもの。板の長さは 100~200mm,幅は 10~20mm,厚さは数 mmである。プリズムを通って板の内部に入った光は多重反射を受け,その角度は全反射に対する臨界角に近くなる。毎回の反射で外へ出てゆく多数の平行光束をレンズによって集め,2組の干渉縞をつくる。厚さ 10mm,長さ 200mmのもので,分解能は 4×105 にも達する。現在は,ほとんどファブリ=ペローエタロンに置き換えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ルンマー=ゲールケ平行板の関連キーワード干渉分光器

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android