コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルーゴ ルーゴ Lugo

3件 の用語解説(ルーゴの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ルーゴ(Lugo)

スペイン北西部、ルーゴ県の県都。旧市街には3世紀から4世紀にかけて建設されたローマ帝国時代の市壁が残っており、2000年に「ルーゴのローマの城壁群」として世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ルーゴ【Lugo】

スペイン北西部,ガリシア地方の同名県の県都。人口7万1000(1981)。大西洋に注ぐミーニョ川上流にある盆地で,農牧業産物の集散地。食品加工業,皮革業が主要産業。町はケルト人の定住したルグ,後のローマ都市ルクス・アウグスティを起源とする。50の塔をもつ城壁(全長2.1km)は一部が3世紀に建設され,中世期に完成した。このメセタ北端の町にはローマ衰退後,ゲルマン系スエビ族西ゴート族が侵入した。イスラム教徒が征服後,746年キリスト教徒が再征服。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルーゴ
るーご
Lugo

スペイン北西部、ガリシア地方ルーゴ県の県都。人口8万8414(2001)。ミーニョ川の上流左岸、谷底平野見下ろす標高454メートルに位置する。周辺は豊かな農牧業地域で、市は農産物の集散地であり、冷蔵設備のある近代的な大製肉場、肉の缶詰工場などが立地する。ケルト人の町ルグLugに由来し、ローマ時代に当地方の中心都市ルクス・アウグスティLucus Augustiとなった町で、85の塔をもつローマ城壁(3世紀)が旧市街を完全に取り囲む。ロマネスク様式の大聖堂(1129創建)が有名である。[田辺 裕・滝沢由美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルーゴの関連キーワードオランカディスグラナダサラゴサリアス式海岸シエス諸島スペイン村ビーゴフィニステレガリシア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルーゴの関連情報