コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルーマニア音楽 ルーマニアおんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルーマニア音楽
ルーマニアおんがく

ルーマニアでは東西ヨーロッパ,アジアの要素が混合した独自の音楽が発達した。民族音楽はスラブ的色彩が濃く,ロマ音楽の影響もみられ,無拍節の独唱民謡やホラ,シルバと呼ばれる舞曲がある。楽器では小型バッグパイプのチンポーイやパンパイプ(→パンの笛)の一種であるナイが特色。また民謡はハンガリーの作曲家バルトーク・ベーラによって『トランシルバニア舞曲』などのなかに取り入れられた。芸術音楽は 19世紀になってからヨーロッパ諸国の注目をひき,バイオリニストの G.エネスコやピアニストの D.リパッティが知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android