コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ル・シュウール Eustache Le Sueur

1件 の用語解説(ル・シュウールの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ル・シュウール【Eustache Le Sueur】

1616‐55
フランスの画家。パリで生まれ,当時大半の画家がイタリアに学んだのに比し,生涯この地で制作。S.ブーエアトリエで学び,1644年オテル・ランベール・ド・トリニーの装飾を手がける。40年代初めパリ滞在中のプッサンの影響をうけ,古典的で調和ある世界を描く。50年以後はラファエロの作品に学び,〈フランスのラファエロ〉と呼ばれた。ルイ14世の母后アンヌ・ドートリッシュによる摂政時代のパリの美意識を示す。18世紀にはプッサンと並んで賞揚された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ル・シュウールの関連キーワード本多正信坂崎直盛後金三条藩高田藩日光東照宮エリザベス朝演劇東北振興有田焼

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone