ル・シュウール(英語表記)Eustache Le Sueur

世界大百科事典 第2版の解説

ル・シュウール【Eustache Le Sueur】

1616‐55
フランスの画家。パリで生まれ,当時大半の画家がイタリアに学んだのに比し,生涯この地で制作。S.ブーエのアトリエで学び,1644年オテル・ランベール・ド・トリニーの装飾を手がける。40年代初めパリ滞在中のプッサンの影響をうけ,古典的で調和ある世界を描く。50年以後はラファエロの作品に学び,〈フランスのラファエロ〉と呼ばれた。ルイ14世の母后アンヌ・ドートリッシュによる摂政時代のパリの美意識を示す。18世紀にはプッサンと並んで賞揚された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android