コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ル・シュウール Eustache Le Sueur

1件 の用語解説(ル・シュウールの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ル・シュウール【Eustache Le Sueur】

1616‐55
フランスの画家。パリで生まれ,当時大半の画家がイタリアに学んだのに比し,生涯この地で制作。S.ブーエアトリエで学び,1644年オテル・ランベール・ド・トリニーの装飾を手がける。40年代初めパリ滞在中のプッサンの影響をうけ,古典的で調和ある世界を描く。50年以後はラファエロの作品に学び,〈フランスのラファエロ〉と呼ばれた。ルイ14世の母后アンヌ・ドートリッシュによる摂政時代のパリの美意識を示す。18世紀にはプッサンと並んで賞揚された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ル・シュウールの関連キーワードエルンストクルーエシャルダンポアレボナールレカミエ夫人パリジャンフランスパンフランスソワール山田キク

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone