コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ル・センヌ René Le Senne

1件 の用語解説(ル・センヌの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ル・センヌ【René Le Senne】

1882‐1954
フランスの哲学者。ソルボンヌ大学教授(1929‐31,1942以降)。L.ラベルとともに〈精神の哲学〉を主唱し,第1次世界大戦後の〈戦間期〉の不安の時代に,精神主義合理主義の立場から道徳論,価値論を論じた。おもな著作に,《哲学入門》(1925),《義務論》(1930),《一般道徳論》(1943)ほかがある。【荒川 幾男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ル・センヌの関連キーワード新聞小説早稲田大学佐原健二プリンスセダン AISH-2型小島信夫いわき(市)自衛隊次郎長三国志梅屋勘兵衛(3代)金弘集

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ル・センヌの関連情報