ル・プレー(英語表記)Pierre Guillaume Frédéric Le Play

世界大百科事典 第2版の解説

ル・プレー【Pierre Guillaume Frédéric Le Play】

1806‐82
フランスの社会学者,社会改良運動の実践者。鉱山技師としてヨーロッパの民情に親しく接し,実情と遠い社会改革思想を批判して社会調査から出発することを要求し,みずから勤労者の家族について膨大な踏査を行い,数十年をかけて《ヨーロッパの労働者Les ouvriers européens》(1855)を完成させた。研究の方法として家計分析を中心とする数量的な方法と,対象の精緻な記録からなる記述的な方法を用い,ヨーロッパの資本主義化に伴う国民の社会関係の変容(コミュニティの喪失)は,物質的な窮乏のみに着目する社会主義者による政治的な革命によっては救済されず,〈道徳的な経済économie sociale〉の復権によって対処するべきだとし,職場での上司からの温情主義と,家庭での父親―母親の分業を基とする伝統的秩序の回復を説いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のル・プレーの言及

【官僚制】より

…このころ啓蒙哲学者ド・グリムが書き残したもののなかで,それが君主制,貴族制などと並ぶ政体の一類型として扱われているのはその例証である。19世紀の中葉に至り,このことばにより明確な定義を与えようとして,ル・プレーは,細目に心を奪われ,必要以上に仕事を複雑にし,世の中の自発的な動きを抑えることに腐心している役人のあいだに権限をまき散らすことをいう,と書いた。すなわち,官僚制の意味内容が手段の自己目的化の結果として起こるさまざまの病理現象へと微妙に変化してきたのである。…

※「ル・プレー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android