コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温情主義 おんじょうしゅぎpaternalism

翻訳|paternalism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

温情主義
おんじょうしゅぎ
paternalism

権力者,支配者が被支配者,従属者からの権利要求あるいは外部からの強制によることなく,いわば自主的に恩恵的諸財を与え,そうすることで被支配者の不満,反抗を曖昧にして階級的対抗関係 (労使関係あるいは地主=小作関係) を隠蔽しようとするイデオロギー,あるいは支配者の政策のことをいう。したがって階級的対抗関係を表面化させようとする動きに対しては強力な弾圧をもってのぞむ。必ずしも日本に特殊なものではないが,第2次世界大戦前の日本では家族主義イデオロギーという形で存在し,大きな役割を果した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おんじょう‐しゅぎ〔ヲンジヤウ‐〕【温情主義】

あたたかく寛大な心で接しようとする考え方。
企業経営で、従業員温情を施すことで不満を抑え、相互の関係を平穏に維持していこうとする考え方

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おんじょうしゅぎ【温情主義】

他人に温情をもって接しようとする態度・傾向。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

温情主義
おんじょうしゅぎ

使用者と労働者との関係を、その利害が基本的に相対立する階級関係としてではなく、使用者の温情と従業員の忠誠心に基づく協調関係として説明し、労使関係の安定を図ろうとする労務管理の一方法。このため、使用者は従業員に対して企業内福利厚生策を実施するとともに、個人的な配慮を行う。この政策はロバート・オーエンのような開明的工場主に由来するものであるが、これが体系的に実施されるようになるのは、独占資本主義が確立してからである。この時代になると労働者の組織化が急速に進展し、その反抗が増大するとともに、大企業が独占利潤を獲得することによって、各種の福利厚生策を実施することができるようになった。日本においては、第一次世界大戦以降、使用者と労働者との関係が親と子との関係に当てはめられ、この種の労務管理政策が広く普及するようになった。しかし現在では、生産性の向上に協力し、その成果を共有するとするパートナーシップ思想が重要視されている。[湯浅良雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の温情主義の言及

【恩】より

… こうして主君にたいする報恩()と父母にたいする報恩()の強調は,制度的には人倫の上下関係を秩序づけるとともに,家父長制と封建体制の安定化に貢献した。そして心理的には上位のものが下位のものに恩恵をほどこす半強制的な温情主義(パターナリズム)を生みだした。アメリカの文化人類学者R.ベネディクトは《菊と刀》のなかで,近世以降に発達をみた恩のあり方に注目し,人が全力をあげて背負わなければならない負担,債務,重荷であると分析した。…

【経営家族主義】より

…すなわち日本の家族には従来,(1)個人の生活より家の生活が優位性をもち,個人生活の盛衰が家の盛衰に代替される,(2)血縁関係を中心として構成員に上下のヒエラルヒーが設定される,(3)しかもそれは,上下の支配・服従の関係ではなく,親は喜んで子どもを庇護(ひご)し,子は進んで親の庇護を受けて協力するという,〈温かい〉というよりむしろ〈なま温かい〉人間関係が認められる。そしてこうした関係が企業の人事管理に色濃く反映されているのであり,〈温情主義〉ともいわれるのである。 戦後は,〈経営者は親であり,従業員は子どもである〉といった,イデオロギーとしての経営家族主義は確かに存在の基盤を失った。…

※「温情主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

温情主義の関連キーワードコードウェイナー スミスクラシエホールディングスベルギー領コンゴパターナリズムル・プレーオカの闘い鳥井信治郎ケベック法ル・プレーカールトン行政監督コルナイ貝島太助昭和恐慌武藤山治使用者ブルス権力者国粋会学閥

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

温情主義の関連情報