コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ル・ロア Edouard Le Roy

1件 の用語解説(ル・ロアの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ル・ロア【Edouard Le Roy】

1870‐1954
フランスの数学者,哲学者。リセの数学教授を経て,1921年ベルグソンの後任としてコレージュ・ド・フランス哲学教授。ベルグソンの影響下に科学的知に関する唯名論的な考察を行う。ポアンカレ規約主義を徹底化し,科学的事実をも便宜的なものであるとして科学理論の恣意的性格を強調した。さらに宗教的ドグマについても,宗教的真理は信仰の対象であり,哲学的推論によっては把握しえないとして,伝統的神学を批判した。著作には《発明の論理》(1905),《ドグマと批判》(1907),《直観的思考》(1929‐30)ほかがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ル・ロアの関連キーワード製糸業日本科学史前橋(市)佐原健二プリンスセダン AISH-2型小島信夫いわき(市)自衛隊次郎長三国志奈破崙

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ル・ロアの関連情報