ル・ロア(英語表記)Edouard Le Roy

世界大百科事典 第2版の解説

ル・ロア【Edouard Le Roy】

1870‐1954
フランスの数学者哲学者リセの数学教授を経て,1921年ベルグソンの後任としてコレージュ・ド・フランス哲学教授。ベルグソンの影響下に科学的知に関する唯名論的な考察を行う。ポアンカレ規約主義を徹底化し,科学的事実をも便宜的なものであるとして科学理論の恣意的性格を強調した。さらに宗教的ドグマについても,宗教的真理は信仰の対象であり,哲学的推論によっては把握しえないとして,伝統的神学を批判した。著作には《発明の論理》(1905),《ドグマと批判》(1907),《直観的思考》(1929‐30)ほかがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のル・ロアの言及

【モダニズム】より

近代主義【泉 治典】。。…

※「ル・ロア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android