レオタード(英語表記)leotard

翻訳|leotard

デジタル大辞泉の解説

レオタード(leotard)

体操・ダンス・バレエなどの練習や演技をする際に着る、上下続きの、伸縮性のあるぴったりした衣服。フランスの曲芸師ジュール=レオタール(Jules Léotard)が着用したところからの名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

レオタード

バレエ,ダンス,体操競技,エアロビクスなどで用いる,伸縮性のある素材でつくられた上下続きの体にぴったりした衣服。19世紀フランスの曲芸師ジュール・レオタールが最初に着用したことから名づけられた。1950年代までは黒1色であったが,現在は形,色とも多彩。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

とっさの日本語便利帳の解説

レオタード

ジュール・レオタール(Jules Leotard。一八四二~七〇)▼フランスの空中曲芸師。彼がサーカスの実演のために自らデザインしたものが「レオタード」。つまり、本来は女性用ではなく、男性用の運動着として考案された。彼は当時の最も有名な空中ブランコ乗りで、パリはもちろんヨーロッパ各地で実演して大成功をおさめた。また、彼の両親もサーカスの綱渡り軽業師で、赤ん坊のレオタールが泣きわめくと、綱渡りのロープから逆さに吊したという。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

レオタード【leotard】

〔フランスの曲芸師レオタールが着始めたことから〕
ダンス・体操などの際に着る、体にぴったりした衣服。伸縮性のある布地で上下続きに作る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

レオタード

〘名〙 (leotard) 伸縮性に富んだ布地を用いた上下続きの、体に密着した服。ダンス・体操などで着用する。〔セクシィ・ギャルの大研究(1982)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レオタードの関連情報