コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レゴリス regolith

翻訳|regolith

デジタル大辞泉の解説

レゴリス(regolith)

固結していない堆積物の総称。陸上の地表面における土壌、火山灰、岩砕物、氷河・風化・沖積による堆積物、黄土などを指す。また、惑星科学の分野では、月、惑星、小惑星などの天体の表面を覆っている堆積物に対して用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のレゴリスの言及

【月】より

…月震計によって月の自然の地震を観測したほか,とびあがったアポロから宇宙船の一部を月面におとして人工の地震を起こすことによっても月の内部の状態が調べられた。これでわかったことは,月の表面には,厚さが5mから10mのレゴリスと呼ばれる層があり,ここでは地震の縦波は秒速100mで走る。この下に秒速が250~300mになる層が50mから300mの深さのところまであり,その下の1kmほどの深さまでは秒速が1130mまでになる。…

※「レゴリス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レゴリスの関連キーワード土壌生成嫦娥一号かぐや月物質

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レゴリスの関連情報