コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レックスベゴニア Begonia rex-cultorum; beefsteak geranium; rex begonia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レックスベゴニア
Begonia rex-cultorum; beefsteak geranium; rex begonia

シュウカイドウ科ベゴニア属の園芸品種群で,インドのアッサム地方原産のベゴニア・レックス B.rexを中心に作出された観葉ベゴニア。鉢栽培し,美しい葉色や多彩な葉形を観賞する。葉はゆがんだ卵形や心臓型で,葉縁は鋸歯または歯牙状になり,赤色や紫色,銀青色,緑色,紫褐色などの多彩な斑 (まだら) 模様が入る。葉の長さは 3cmから 30cmをこえるものまである。交雑が複雑に進んでいるため,性質も品種によって異なるが,一般に湿潤で温和な気候に適し,挿木葉挿しで増殖できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

レックス‐ベゴニア(rex begonia)

シュウカイドウ科ベゴニア属の観葉植物。インドのアッサム地方原産。他種との交配で、多様な品種が生まれた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

レックスベゴニアの関連キーワード斑入り