レット症候群(読み)レットショウコウグン

デジタル大辞泉の解説

レット‐しょうこうぐん〔‐シヤウコウグン〕【レット症候群】

広汎性発達障害一種女児に発症する進行性の神経疾患で、生後6か月を過ぎてから発症し、目的をもったの動き、歩行、会話などが困難となる。手をもみ合わせる、手をたたく、手を口に入れるなどの動作を繰り返すのが特徴。知的障害を伴い、周囲への反応が乏しくなる。1966年ウィーンの小児科医A=レットがこの症例を報告。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android