コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レッドトップ Agrostis palustris; redtop; bent grass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レッドトップ
Agrostis palustris; redtop; bent grass

イネ科の多年草で,和名はコヌカグサ (小糠草) 。北半球の温帯に広く分布し,日本には明治初期に牧草として輸入されたものが野生化し,全国に広く群生している。草丈は 50~100cm。葉は軟らかい線形で,長さ 10~20cm,葉面はざらつく。5~6月,茎頂に長さ 10~20cmのややまばらな円錐花序をつける。花序の枝は輪生し,緑色あるいは紫色を帯びた小穂をつける。牧草のほか,荒れ地の緑化用にもしばしば植えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のレッドトップの言及

【ベントグラス】より

…品種にはカーンウッド,ラリタンなどがある。レッドトップ(コヌカグサ)A.alba L.(英名redtop)は大型,茎葉粗剛で,匍匐茎を出す。性質は強いが,芝草よりも牧草や緑化工用に適している。…

※「レッドトップ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

レッドトップの関連キーワード雪腐大粒菌核病(オーチャードグラス)雪腐大粒菌核病(ライグラス)雪腐大粒菌核病(チモシー)鳥の目病(チモシー)メーカーズ・マークイネ科

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android