レナード・ジョーンズ(英語表記)John Edward Lennard‐Jones

世界大百科事典 第2版の解説

レナード・ジョーンズ【John Edward Lennard‐Jones】

1894‐1954
イギリスの物理学者,化学者。マンチェスター大学で数学を学び,第1次世界大戦から復員後,マンチェスター大学にもどり数学の講師となった。その後ケンブリッジ大学に移り,R.H.ファウラーの指導を受け,1924年に学位を取得。ファウラーとの量子統計力学の研究でも知られるが,もっとも大きな業績は,チャップマン気体理論やハイゼンベルクシュレーディンガーの量子力学にもとづき,また気体や固体の特性についての実験データを分析することによって,半経験的な分子間力の法則(レナード・ジョーンズポテンシャル)を提出したことである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android