コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レナード・ジョーンズ John Edward Lennard‐Jones

1件 の用語解説(レナード・ジョーンズの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

レナード・ジョーンズ【John Edward Lennard‐Jones】

1894‐1954
イギリス物理学者,化学者。マンチェスター大学で数学を学び,第1次世界大戦から復員後,マンチェスター大学にもどり数学の講師となった。その後ケンブリッジ大学に移り,R.H.ファウラーの指導を受け,1924年に学位を取得。ファウラーとの量子統計力学の研究でも知られるが,もっとも大きな業績は,チャップマンの気体理論やハイゼンベルクシュレーディンガー量子力学にもとづき,また気体や固体の特性についての実験データを分析することによって,半経験的な分子間力の法則(レナード・ジョーンズポテンシャル)を提出したことである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レナード・ジョーンズの関連キーワードイギリス経験論ディスロケーション東京理科大学イギリスオランダ戦争宇宙物理学英国イギリス巻イギリス組曲岩石物理学イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone