コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャップマン Chapman, George

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャップマン
Chapman, George

[生]1559?. ヒッチン
[没]1634.5.12. ロンドン
イギリスの詩人,劇作家,ホメロスの翻訳者。オックスフォード大学,ケンブリッジ大学で学んだといわれる。『夜の影』The Shadow of Night...Two Poeticall Hymnes(1593)ほか数冊の詩集にはプラトン主義の影響が著しい。1596年頃劇作に転じ,『アレクサンドリアの盲乞食』The Blind Beggar of Alexandria(1596)が現存する最初の喜劇で,1598年頃には悲劇も書いたといわれる。1598年クリストファー・マーローの未完の神話詩『ヒアローとリアンダー』Hero and Leanderを完成,同 1598年『イリアス』の英訳の第1巻を出し,1611年に完結,『オデュッセイア』の訳(1614~15)を合わせた『ホメロス全詩集』は 1616年刊。ほかに『東方へ!』Eastward Ho(1604,ベン・ジョンソンらと合作)などの喜劇や『ビュッシ・ダンボア』Bussy d'Ambois(1607),『バイロン公シャルルの陰謀と悲劇』The Conspiracie, and Tragedie of Charles Duke of Byron(1608)などの悲劇を書いた。

チャップマン
Chapman, John

[生]1865.4.25. アシュフィールド
[没]1933.11.7. ロンドン
イギリスの神学者。著作家。オックスフォード大学を卒業後,イギリス国教会の執事となったが,1890年にローマ・カトリックに改宗し,93年に司祭となった。第1次世界大戦に従軍司祭をつとめ,その後ダウンサイド修道院に入り,1929年に同修道院長となった。主著『初期教皇制度の研究』 Studies on the Eearly Papacy (1928) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

チャップマン

英国の詩人,劇作家。代表作は悲劇《ビュッシー・ダンボア》(1607年)とその続編《ビュッシー・ダンボアの復讐》(1613年)。ホメロスの英訳者としても有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チャップマン【George Chapman】

1559?‐1634
イギリスの詩人,劇作家。オックスフォード大学を中退し,一時軍人として海外遠征に加わったこともあるが,難解で神秘的な哲学的寓意詩《夜の影》(1594)によって世に出た。その後C.マーローが未完のまま残した《ヒーローとリアンダーHero and Leander》を完結させた(1598)ほか,生涯をかけてホメロスの翻訳を完成し(《イリアッド》1611,《オディッセー》1615,全訳の出版は1616年),その華麗で力強い文体はのちの詩人に大きな影響を及ぼすことになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

チャップマン【George Chapman】

1559頃~1634) イギリスの劇作家・翻訳家。ホメロスの叙事詩の英訳で、キーツらのロマン派詩人に影響を与えた。代表作、悲劇「ビュシー=ダンボア」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

チャップマンの関連キーワードエーデルマン(Gerald Maurice Edelman)チャップマン(Sydney Chapman)空飛ぶモンティ・パイソンテリーザ シュウィーゲルアーヴィング ウォーレスプリンス・オブ・エジプトシドニー チャップマングレートスモーキー山地ビュシーダンボアの復讐グレアム チャップマンレナード・ジョーンズチョモ・ラーリ[山]ドリーン バーチューカンザス フィールズアレックス コードエリック アイドルテリー ジョーンズチョモ・ラーリ山サバンナシマウマジョン クリース

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チャップマンの関連情報