コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レバンタイン・ムスティエ文化 レバンタイン・ムスティエぶんかLevantine-Mousterian

1件 の用語解説(レバンタイン・ムスティエ文化の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レバンタイン・ムスティエ文化
レバンタイン・ムスティエぶんか
Levantine-Mousterian

レバノン,シリアイスラエルなどの地中海東岸地帯にみられる中期旧石器文化。石刃様の剥片が多く,2次加工される比率の低いものと,幅広の剥片に2次加工を施し石器にするものがみられる。これを前者から後者への段階的変化とする考えが有力であるが,地域的な変異にすぎないとする考えも根強い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone