コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レバンタイン・ムスティエ文化(読み)レバンタイン・ムスティエぶんか(英語表記)Levantine-Mousterian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レバンタイン・ムスティエ文化
レバンタイン・ムスティエぶんか
Levantine-Mousterian

レバノン,シリア,イスラエルなどの地中海東岸地帯にみられる中期旧石器文化。石刃様の剥片が多く,2次加工される比率の低いものと,幅広の剥片に2次加工を施し石器にするものがみられる。これを前者から後者への段階的変化とする考えが有力であるが,地域的な変異にすぎないとする考えも根強い。旧世界西部に広がるムスティエ文化の一部をなし,共通する部分が多いが,ヨーロッパのムスティエ文化と比べるとルバロワ技法が多く用いられ,石刃が多い傾向にあり,2次加工される比率が低い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android