レバンタイン・ムスティエ文化(読み)レバンタイン・ムスティエぶんか(英語表記)Levantine-Mousterian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レバノン,シリアイスラエルなどの地中海東岸地帯にみられる中期旧石器文化。石刃様の剥片が多く,2次加工される比率低いものと,幅広の剥片に2次加工を施し石器にするものがみられる。これを前者から後者への段階的変化とする考えが有力であるが,地域的な変異にすぎないとする考えも根強い。旧世界西部に広がるムスティエ文化の一部をなし,共通する部分が多いが,ヨーロッパのムスティエ文化と比べるとルバロワ技法が多く用いられ,石刃が多い傾向にあり,2次加工される比率が低い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android