コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レパートリー・シアター repertory theatre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レパートリー・シアター
repertory theatre

いくつかの脚本をあらかじめ用意しておき,それを毎日かわるがわるに,あるいは数日ごとに交互に上演する劇場,または劇団。長期にわたって興行を続けるロングラン・システムに比べて,複数の出し物を用意するため,舞台装置や俳優の維持に費用が割高になることから非商業的な演劇に用いられることが多い。日本の劇場や劇団の興行形態は,レパートリー・システムとロングラン・システムとの折衷である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

レパートリー・シアターの関連キーワードミルフォード・ロバート グレーブスシャーロット・ケイト・フォックスペン(Sean Penn)マドレイン シャーウッドトヤー ウィルコックスアンジェラ プレザンススーザン ペンハリゴンデイヴィッド ウェインロナルド フレーザーアンソニー ヒギンズブライアン ブレスドトニー ロ・ビアンコエバ ル・ガリエンヌティモシー ダルトンフェイ ダナウェイオーストラリア演劇ジェフ ダニエルズデビット アムラムマイクル ベックショーン ペン

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android