レヒトネン(英語表記)Lehtonen, Joel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レヒトネン
Lehtonen, Joel

[生]1881.11.27. サーミンキ
[没]1934.11.20. ヘルシンキ
フィンランドの小説家。新ロマン主義から出発し,『夏のあるとき』 Kerran kesällä (1917) ,『りんごの枯木』 Kuolleet omenapuut (18) などを経て,貧農の1日の生活を印象記風に綴った虚無的な『狭隘地』 Putkinotko (2巻,19~20) で独自の世界を開拓した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android