コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レヒトネン レヒトネンLehtonen, Joel

1件 の用語解説(レヒトネンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レヒトネン
レヒトネン
Lehtonen, Joel

[生]1881.11.27. サーミンキ
[没]1934.11.20. ヘルシンキ
フィンランドの小説家。新ロマン主義から出発し,『夏のあるとき』 Kerran kesällä (1917) ,『りんごの枯木』 Kuolleet omenapuut (18) などを経て,貧農の1日の生活を印象記風に綴った虚無的な『狭隘地』 Putkinotko (2巻,19~20) で独自の世界を開拓した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

レヒトネンの関連キーワードアレクサンドルアレクサンドルブラジル文学日本鉄道岩崎弥太郎オイレンブルクベルクールホープムラヴィヨーフ選択変成作用

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone