コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レフスキ Vasil Levski

2件 の用語解説(レフスキの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

レフスキ【Vasil Levski】

1837‐73
ブルガリアの革命家。助祭であったが,ラコフスキの革命思想の影響を受け,彼の秘密組織に参加。ラコフスキ死後,カラベロフとともにブカレストでブルガリア革命中央委員会を組織し(1870),オスマン帝国からのブルガリア解放のために民衆の武装蜂起を準備する。各地に革命委員会をつくり民衆の間で扇動工作を行い,蜂起の準備を進めていたが,1872年トルコ政府に逮捕され,処刑された。【今井 淳子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レフスキ
れふすき
Vasil Levski
(1837―1873)

ブルガリアの革命家。聖職者教育を受け、輔祭(ほさい)となるが、1861年民族解放運動に身を投ずる。ベオグラードの第一次ブルガリア軍団に参加し、67年にルーマニアに移り、ブルガリア人部隊に加わって祖国での反トルコ活動を行う。68年には第二次ブルガリア軍団に参加。その後、革命組織形成の考えを明らかにし、69年にカラベロフとともにブカレスト(ブクレシュチ)でブルガリア革命中央委員会を設立した。翌70~72年にブルガリアに広範な地下組織をつくり、武装蜂起(ほうき)の準備に努めていたが、72年トルコ官憲に逮捕され、翌年ソフィアで処刑された。[寺島憲治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レフスキの関連キーワードサビンコフ助祭ディミトロフバクーニンブランキブルガリア語革命家Сандански白色革命家ピプコフ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レフスキの関連情報