コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レミニセンス レミニセンス reminiscence

翻訳|reminiscence

3件 の用語解説(レミニセンスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レミニセンス
レミニセンス
reminiscence

あるものを記憶した場合,記銘後,時間の経過とともに保持量が低下するのが普通であるが,記憶材料その他の条件によっては,記銘直後よりもしばらく時間が経過したほうが,よく再生行われることがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

レミニセンス【reminiscence】

〘心〙 記憶した事柄が、その直後よりもある程度の時間を経過した後の方が明確に思い出されること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レミニセンス
れみにせんす
reminiscence

記憶の保持量は記銘後、時間経過に従って減少するが、記銘直後よりも一定時間経過後に増加することがある。これをレミニセンスといい、二つの種類が認められている。無意味材料の記憶では、記銘後、数分程度の時間でこの現象が生じる。これをワード・ホブランド現象Ward-Hovland phenomenonという。有意味材料の記憶では、記銘後、数日後に生じ、これはバラードウィリアムズ現象Ballard-Williams phenomenonといわれる。レミニセンスは原学習(記憶)の学習程度にも依存し、中程度の場合、分散学習よりも集中学習の場合生じやすい。学習は興奮―抑制の機制をもち、抑制効果は記銘直後よりも時間経過にしたがって弱まるという解釈もなされている。[小川 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レミニセンスの関連キーワード記憶ヨストの法則メモリ記銘記憶力記銘力記銘力障害忘却率レミニッセンス扶抑

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レミニセンスの関連情報