コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レンネ斑岩 レンネはんがん lenne-porphyry

1件 の用語解説(レンネ斑岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

レンネ斑岩

ドイツのレンネ(Lenne)山脈に産出する石英ケラトファイアとそれに伴われる結晶凝灰岩の系列の名称で,大部分は変成作用を受けて石英,曹長石,緑泥石になっている[Dechen : 1845].ミュゲは石英ケラトファイアおよび凝灰岩としている[Mügge : 1893].ドイツ,ウェストファレン(Westfalen)のレンネ(Lenne)山脈に由来する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レンネ斑岩の関連キーワードドイツ連邦共和国西ドイツ統一ドイツモード輪廻バーデロン黒色チョークアーカンサス・ストーンウィンタ岩サニドファイアシシム岩

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone