レンバハ(読み)れんばは(英語表記)Franz von Lenbach

  • 1836―1904

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドイツの画家。オーバーバイエルンのシュローベンハウゼンに生まれる。工芸学校を経てミュンヘン美術学校でピロティKarl von Piloty(1826―86)に学んだ。1858年ピロティとローマに赴く。63~66年再度ローマに滞在、ベックリンとアトリエをともにする。ローマ滞在中はシャック伯爵の注文によってティツィアーノをはじめ名画を模写した。67~68年のスペイン旅行後は、ミュンヘン、ウィーンおよびベルリンに仕事場をもって肖像画家として活躍、ウィルヘルム1世、ビスマルク、モルトケ、リスト、ハイゼらの名士の肖像を描いた。光の効果を巧みに用いて暗い背景からモデルの顔を印象深く浮き上がらせる手法が特徴的である。ミュンヘンで没。彼のミュンヘンの旧居は現在市立のレンバハ美術館となり、彼の作品をはじめ、彼と同時代の絵画のコレクション、および20世紀の「青騎士」派の絵画収集で名高い。

[野村太郎]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android