コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーウィ Loewi, Otto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーウィ
Loewi, Otto

[生]1873.6.3. フランクフルトアムマイン
[没]1961.12.26. ニューヨーク
ドイツ系のアメリカの薬理学者。シュトラスブルク大学で医学を学び (1896) ,ヨーロッパの諸大学で研究を続けたのち,1909年から 30年間,オーストリアのグラーツ大学薬学教授。 1940年アメリカに渡り,ニューヨーク大学の研究教授。グラーツ大学時代に心臓の鼓動を支配する神経系の研究をし,1921年に,神経の末端から分泌され受容体に働きかけるある種の化学物質が存在することを明らかにした。この物質は,H.デールらの努力でアセチルコリンとわかり,この業績によって,ニ人は 1936年にノーベル生理学・医学賞を受けた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

レーウィ【Otto Loewi】

1873~1961) ドイツ生まれのアメリカの生理学・薬理学者。神経の興奮が化学物質であるアセチルコリンによって伝達されることをデイルとともに発見した。レービィ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

レーウィの関連キーワードレーウィンゾンデラジオゾンデニューヨーク高層気象観測気象観測器具オーストリアロッキー山脈ヘーゲル学派高層天気図12月2日レーウィンローウィ気象観測高層大気気球観測レービィ気象台受容体天気図我と汝

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android