レーザー光変調結晶(読み)レーザーコウヘンチョウケッショウ

化学辞典 第2版「レーザー光変調結晶」の解説

レーザー光変調結晶
レーザーコウヘンチョウケッショウ
laser-ray modulation crystal

レーザー光変調に用いられる結晶.光の変調とは,電気信号に応じて光の強度,位相,周波数を変化させることであり,多くの場合,電場によって屈折率が変化する強誘電体結晶の電気光学効果を利用する.このため結晶としては,透明で電気光学係数が大きいこと,良質の単結晶がつくりやすいこと,レーザー光による損傷を受けにくいことなどの条件が必要である.現在まで,ニオブ酸リチウムタンタル酸リチウム,KTN単結晶,ニオブ酸ナトリウムバリウムなどが開発されている.これらの結晶は非線形光学結晶などともよばれている.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android