コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーザー通信 レーザーつうしんlaser communication

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーザー通信
レーザーつうしん
laser communication

レーザー光を用いた通信周波数がきわめて高いので,広帯域,大容量の通信ができる。指向性がよいので通信の秘密保持が容易である。変調,復調は種々の光学的方法による。伝送路としては反射鏡などを使用した大気中の伝搬によるものと光ファイバの光伝送線を用いたものがある。マイクロ波に比べて大気中では種々の粒子の散乱を受けやすいなど,問題は多いが,光ファイバを使ったものは実用化されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

レーザー‐つうしん【レーザー通信】

laser communicationレーザー光を利用して行う通信方式。大量・高速の通信が可能。光通信に利用される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

レーザーつうしん【レーザー通信】

ひかり通信

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

レーザー通信の関連キーワードオプトエレクトロニクス潜水艦通信レーザー光通信兵器

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レーザー通信の関連情報