レーザー通信(読み)レーザーつうしん(英語表記)laser communication

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーザー通信
レーザーつうしん
laser communication

レーザー光を用いた通信周波数がきわめて高いので,広帯域,大容量の通信ができる。指向性がよいので通信の秘密保持が容易である。変調,復調は種々の光学的方法による。伝送路としては反射鏡などを使用した大気中の伝搬によるものと光ファイバの光伝送線を用いたものがある。マイクロ波に比べて大気中では種々の粒子の散乱を受けやすいなど,問題は多いが,光ファイバを使ったものは実用化されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android