コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーシングハーネス racing harness

パラグライダー用語辞典の解説

レーシングハーネス

別名コンペハーネスともいい、空気抵抗をなるべく少なくしたハーネスである。パラグライダーの大会(レース)ではフライト中、空気抵抗を出来るだけ減らすことが滑空比やスピードを上げる為に役立つ。この為、レーシングハーネスはパイロットの姿勢が大きく寝ている。スタンダードハーネスも寝て飛ぶ傾向のものもあり、その境目は明確でないが、「フットバーが有るか、ないか?」も見分けのポイントかもしれない。レーシングハーネスは大きく寝た姿勢(ポジション)をフットバーでもホールドしている。又、フットバーの踏み方(踏む強さ)で左右のバランスをコントロールしているものが多い。傾向として、より抵抗の少ない、また防寒性の優れたコクーンタイプ或いはポットタイプのものが主流になりつつある。なお、フットバーとはフットレスト用のバーではない。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android