レーシングハーネス(読み)racing harness

パラグライダー用語辞典の解説

レーシングハーネス

別名コンペハーネスともいい、空気抵抗をなるべく少なくしたハーネスである。パラグライダーの大会(レース)ではフライト中、空気抵抗を出来るだけ減らすことが滑空比やスピードを上げる為に役立つ。この為、レーシングハーネスはパイロットの姿勢が大きく寝ている。スタンダードハーネスも寝て飛ぶ傾向のものもあり、その境目は明確でないが、「フットバーが有るか、ないか?」も見分けのポイントかもしれない。レーシングハーネスは大きく寝た姿勢(ポジション)をフットバーでもホールドしている。又、フットバーの踏み方(踏む強さ)で左右のバランスをコントロールしているものが多い。傾向として、より抵抗の少ない、また防寒性の優れたコクーンタイプ或いはポットタイプのものが主流になりつつある。なお、フットバーとはフットレスト用のバーではない。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android