コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レー島 レートウ

デジタル大辞泉の解説

レー‐とう〔‐タウ〕【レー島】

Île de Ré》フランス西部、シャラント‐マリチーム県、大西洋沿岸にある島。同国有数の海岸保養地。本土のラ‐ロシェルと約3キロメートルの橋で結ばれる。イル‐ド‐レー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レー島
れーとう
le de R

フランス西部沿岸にある島。面積85平方キロメートル、人口1万6499(1999)。シャラント・マリティーム県に属す。北はブルトン瀬戸で本土と、南はアンティオーシュ瀬戸でオレロン島と対している。低平で森林は少なく、温和な気候のため夏の保養地となっている。カキの養殖、塩田で知られ、アスパラガスやブドウの栽培もみられる。[高橋 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

レー島の関連キーワードジョージ ロバートソンアーガイル・ビュートヘブリディーズ諸島オークニー[諸島]シャンポリオンオークニー諸島ミャンマーウイスキーイルドレーラロシェル権利請願カナダマーレ高橋レ島

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android