ロイヤル・シェークスピア劇場(読み)ロイヤル・シェークスピアげきじょう(英語表記)Royal Shakespeare Theatre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロイヤル・シェークスピア劇場
ロイヤル・シェークスピアげきじょう
Royal Shakespeare Theatre

シェークスピアの故郷イギリスのストラトフォードアポンエーボンにある劇場。初めシェークスピア記念劇場として 1879年開場,1926年焼失。 32年に再建,名前もそのまま受継がれたが,61年 P.ホールが首席演出家になるとともに現在の名称に改め,専属のロイヤル・シェークスピア劇団 Royal Shakespeare Company;RSCを結成。『ヘンリー6世』3部作と『リチャード3世』を新たな3部作に改修したホール演出の『バラ戦争』 (1963) ,T.ナン演出の『冬物語』 (67) ,J.バートン演出の『十二夜』 (69) ,P.ブルック演出の『夏の夜の夢』 (70) など多くのすぐれた舞台を創造している。 RSCは多くの名優・名演出家を輩出したことでも有名で,俳優の J.ギールグッド,L.オリビエのほか,演出家ではミュージカル『レ・ミゼラブル』の J.ケアート,『キャッツ』の T.ナンなどがあげられる。なお,同劇団のロンドンでの本拠にはオールドウィッチ劇場が使用されていたが,82年新たにバービカン劇場が完成した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報