ロクサネ(英語表記)Rhōxanē; Roxana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロクサネ
Rhōxanē; Roxana

[生]?
[没]前310頃.トラキア,アンフィポリス
アレクサンドロス3世 (大王) の妻。ラテン名ロクサナ。バクトリアの豪族の娘で,大王の遠征途上,現地民の和解策として,前 327年大王と結婚。大王死 (前 323) 後,バビロニアで男児を生んだ。その息子アレクサンドロス4世後継者として王に即位させたが,後継者争いのさなか,前 316年カサンドロスに捕えられ,のちに息子とともに殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android