コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロクサネ Rhōxanē; Roxana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロクサネ
Rhōxanē; Roxana

[生]?
[没]前310頃.トラキア,アンフィポリス
アレクサンドロス3世 (大王) の妻。ラテン名ロクサナ。バクトリアの豪族の娘で,大王の遠征途上,現地民の和解策として,前 327年大王と結婚。大王死 (前 323) 後,バビロニアで男児を生んだ。その息子アレクサンドロス4世後継者として王に即位させたが,後継者争いのさなか,前 316年カサンドロスに捕えられ,のちに息子とともに殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ロクサネの関連キーワードアレクサンドロス(マケドニア王)アレクサンドロス3世(大王)マケドニア王国カッサンドロスディアドコイバクトリアバビロニアトラキア

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android