ロゴテテス(英語表記)logothetēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロゴテテス
logothetēs

ビザンチン帝国の中央政府の財務官。7世紀頃設置され,その管掌は税金の査定,徴収を職務とした。税収入をおもな国庫財源としていたビザンチン帝国では次第にその地位は上昇し,9世紀には数あるロゴテテスのうちでロゴテテス・トゥ・ドロムー logothetēs tou dromouは郵政,外務の両大臣に匹敵する地位となり,事実上中世ビザンチン帝国の政治的命運を左右するほどになった。しかし 14,15世紀には帝国の縮小とともにその職務はほかの官職に代えられ,名称のみが残った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android