コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロザリオ礼拝堂 ロザリオれいはいどう

1件 の用語解説(ロザリオ礼拝堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ロザリオれいはいどう【ロザリオ礼拝堂】

フランス南東部、保養地・観光地として世界的に有名なプロバンス地方の都市ニース(Nice)近郊、バンス(Vence)村の郊外にある青い屋根と白い外壁の礼拝堂。ニースヴィル(Nice Ville)駅からおよそ20km、ニースのバスターミナルから出ているローカルバスに乗り約1時間、さらにバンスの観光案内所からは徒歩20分ほどの場所にある。野獣派の画家マティス(Henri Matisse、1869~1954年)が80歳を超えてから、この礼拝堂の内装を担当し、4年の歳月を費やしてステンドグラスをはじめとする装飾を手がけた。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロザリオ礼拝堂の関連キーワードイエールエクスレバンサンラファエルファルマスアヌシー湖アヤナパカダケスサナリーシュルメールプロムナードデザングレレランス諸島

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone