コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロスタム Rustam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロスタム
Rustam

イランの伝説的英雄。その武勇伝はフィルダウシーの『シャー・ナーメ (王書) 』の中心的部分をなす。それによると,ロスタムはシースターン北部のザーブリスターン地方の領主サームの子ザールとルーダーベの間に生れ,カヤーニー朝のカイ・クバード,カイ・カーウース,カイ・ホスローの3代に仕えて幾多の武勲をあげた。元来,ロスタムの英雄譚はザーブリスターン地方に古くから伝わる英雄伝説の一つで,ササン朝期からイラン人の間に広く語り伝えられたものであるが,フィルダウシーによって他のイランの諸伝説とともに再構成されたと考えられる。その物語は中世におけるイラン文化の発展に伴い,イラン,アフガニスタンを越えて中央アジア,インド,小アジアにまで伝えられ,今日でも彼の名は広く知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロスタム【Rostam】

ペルシア文学の建国叙事詩《シャー・ナーメ》における伝説上の英雄。ルスタムRustamとも呼ばれる。イラン神話上の王朝であるカヤーニー朝に属する一門のなかでとくに武勇に秀でた救国の士。古来イラン南東のシースターン地方の伝説としてササン朝期にはすでにイラン民衆に知られ,さらにトルコ,インド,パキスタン,中央アジアにまで伝えられた。ロスタム一門はこの地に遊牧したサカ族であるなどと論議の的になったこともある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のロスタムの言及

【シャー・ナーメ】より

…単なる王者の治世記録ではなく,史料的価値は乏しく,文学作品として優れ,ペルシア文学最高傑作の一つに数えられる。勇者ロスタムの活躍をはじめ,多くの武勇伝,ロマンス,悲劇に満ち,宿命論が作品の基調をなし,この書を読むことはイラン人の義務とさえいわれ,最大の文化遺産とされている。【黒柳 恒男】
[美術表現]
 この物語に基づく絵画的表現の最も古い例としては,後に他の物語と共に《シャー・ナーメ》に集成されたと考えられるロスタムにまつわる物語の描写があり,ペンジケント出土のソグド時代の壁画(7~8世紀)に描かれている。…

【腹】より

…これをまねてか,《神仙伝》は老子が胎内に72年(《芸文類聚》では81年)いた後に,母の左わき腹から生まれたとする説を述べている。また《シャー・ナーメ(王書)》によれば,イランの英雄ロスタムもブドウ酒で体が麻痺した母ルーダーベの右わき腹から生まれた。ローマのカエサルも母アウレリアのわき腹から生まれたとスエトニウスの《皇帝伝》にあり,大プリニウスもカエサルは母の腹を“切ってcaedere”生まれたからCaesarという名なのだと説明している(《博物誌》第7巻)。…

※「ロスタム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ロスタムの関連キーワードアルタクセルクセス(1世)シャハラーム ナーゼリークリストファー トムソンナクシェ・ロスタム遺跡シャープール(1世)ゾロアスター教神殿ナクシェ・ラジャブフィルドウスィーササン朝ペルシアダリウス(1世)エズラ クーニグアケメネス朝美術シャプール1世クリス バイオペルシア文学ペルシア美術ササン朝美術ペルセポリスファールス

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android