コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロタリンギア Lotharingia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロタリンギア
Lotharingia

シェルデ川,ライン川,マース川,ソーヌ川に囲まれた地域の歴史的地名。カロリング朝の西ローマ皇帝ルートウィヒ1世 (敬虔王) の3人の子ロタール1世,ルートウィヒ2世 (ドイツ王) ,カルル (のちのカルル2世〈禿頭王〉) はその遺領をめぐって争い,843年のベルダン条約でルートウィヒが東フランク,カルルが西フランクの王となったとき,長子ロタールはその中間地域と西ローマ皇帝位とを獲得した。この中間地域には北イタリア,ブルグンドも含まれていたが,855年に皇帝ロタール1世が3人の子に領土を分割したとき,第2子ロタール2世が王国として与えられた地域がロタリンギアである。その後,メルセン条約 (870) ,リブモン条約 (880) などによる再分割の結果,東フランク (ドイツ) 王国に属し,最終的にはハインリヒ1世のもとで,925年にドイツ王国に併合され,ロートリンゲン公国と呼ばれた。やがてその北部は小領域に分裂し,南部が近代のロートリンゲン (ロレーヌ) となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のロタリンギアの言及

【メルセン条約】より

…870年に東フランク王ルートウィヒ2世と西フランク王カール2世の間に締結された分割条約。ベルダン条約によってロタール1世に帰属した中部フランクは,彼の死後〈ロタールの王国〉すなわちロタリンギア(ロートリンゲン)として次子ロタール2世が領有していたが,その死(869)を機に叔父のカール2世が武力で占有するに至った。しかし同じく同地域の領有を志向していたルートウィヒ2世の圧力に直面して交渉に同意,870年8月,メルセンの地で条約が結ばれた。…

※「ロタリンギア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ロタリンギアの関連キーワードルートウィヒ2世(ドイツ王)ブルゴーニュ公国ロタール[2世]アントウェルペンブラバント公国ブリュッセルオランダ史ロテールルイ3世ラウールルイ2世

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android