コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロッキードF-22ラプター ロッキードエフにじゅうにラプターLockheed F-22 Raptor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロッキードF-22ラプター
ロッキードエフにじゅうにラプター
Lockheed F-22 Raptor

アメリカ軍が 1990年代後半から 2000年代を目指して開発した,ステルス性に富む戦術戦闘機。開発にあたってはロッキード・グループの YF-22とノースロップ・グループの YF-23が次期主力戦闘機の座をかけてせり合った。その結果 1991年4月,ステルス性を追求し,機動力に優れたロッキード YF-22の採用となった。ただし量産型のF-22は YF-22よりひとまわり大きい。ミサイルなどの火器はステルス性を保つため,すべて機内に収納する。乗員1,全長 19.56m,全幅 13.11m,総重量 26t,最大速度マッハ 2.0,戦闘行動半径 1300km。武装は 20mmバルカン砲1,サイドワインダー・ミサイル8など。本機の問題はコストがかかりすぎることで,当初はマクドネル・ダグラスF-15イーグルの後継機として 750機の生産が予定されていたが,予算の削減が相次ぎ,2006年現在 183機の調達が予定されるのみとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ロッキードF-22ラプターの関連キーワード荒木経惟スミス(Kiki Smith)スペースシャトル飛行記録ミハイル ゴルバチョフ印僑磯崎新海部俊樹内閣高松伸富岡多恵子ドイツ統一

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android