コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロッキードF-22ラプター ロッキードエフにじゅうにラプターLockheed F-22 Raptor

1件 の用語解説(ロッキードF-22ラプターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロッキードF-22ラプター
ロッキードエフにじゅうにラプター
Lockheed F-22 Raptor

アメリカ軍が 1990年代後半から 2000年代を目指して開発した,ステルス性に富む戦術戦闘機。開発にあたってはロッキードグループの YF-22とノースロップ・グループの YF-23が次期主力戦闘機の座をかけてせり合った。その結果 1991年4月,ステルス性を追求し,機動力に優れたロッキード YF-22の採用となった。ただし量産型のF-22は YF-22よりひとまわり大きい。ミサイルなどの火器はステルス性を保つため,すべて機内に収納する。乗員1,全長 19.56m,全幅 13.11m,総重量 26t,最大速度マッハ 2.0,戦闘行動半径 1300km。武装は 20mmバルカン砲1,サイドワインダー・ミサイル8など。本機の問題はコストがかかりすぎることで,当初はマクドネル・ダグラスF-15イーグルの後継機として 750機の生産が予定されていたが,予算の削減が相次ぎ,2006年現在 183機の調達が予定されるのみとなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ロッキードF-22ラプターの関連キーワード印僑海部俊樹内閣ドイツ統一女性労働中国脅威論牧瀬里穂田中里衣悪魔くん花卉園芸客船

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone