ロハス・ソリリャ(英語表記)Rojas Zorilla, Francisco de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ロハス・ソリリャ」の意味・わかりやすい解説

ロハス・ソリリャ
Rojas Zorilla, Francisco de

[生]1607. トレド
[没]1648.1.23. マドリード
スペインの劇作家カルデロンの影響を受け,復讐をテーマとする作品を多く書いた。国王に妻の貞操をけがされたと思った農民真犯人を発見して復讐する「面子」の劇『王のほかは容赦せぬ』 Del rey abajo ninguno (1650) が代表作。ほかに「道化喜劇」 comedia de figurónという新しいジャンルの作品を残した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android