コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロハス・ソリーリャ Francisco de Rojas Zorrilla

1件 の用語解説(ロハス・ソリーリャの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ロハス・ソリーリャ【Francisco de Rojas Zorrilla】

1607‐48
スペインの劇作家。カルデロンの追随者の一人で,作品のほとんどは宮廷で上演された。1640年に,最新の設備をもつ劇場がブエン・レティロ宮に造られた際,その開幕に上演されたのが《ベローナの徒党》であった。〈黄金世紀〉の演劇の中心的テーマの一つである名誉の問題に新たな視点を与えたが,特に女性を主人公にした作品を書いたのは彼が最初である。また,恋する娘と無理に結婚しようとする老人という図式を創造した。このロハス・ソリーリャの作品は,フランスロトルー,スカロン,コルネイユ,ル・サージュなどが種本として利用している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロハス・ソリーリャの関連キーワードエチェガライカルデロン組曲「スペイン」12のスペイン舞曲スペイン奇想曲スペインの歌スペインの財宝船スペインの庭の夜スペイン舞曲集スペイン岬の謎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone