ロハス・ソリーリャ(英語表記)Francisco de Rojas Zorrilla

世界大百科事典 第2版の解説

ロハス・ソリーリャ【Francisco de Rojas Zorrilla】

1607‐48
スペインの劇作家。カルデロンの追随者の一人で,作品のほとんどは宮廷で上演された。1640年に,最新の設備をもつ劇場がブエン・レティロ宮に造られた際,その開幕に上演されたのが《ベローナの徒党》であった。〈黄金世紀〉の演劇の中心的テーマの一つである名誉の問題に新たな視点を与えたが,特に女性を主人公にした作品を書いたのは彼が最初である。また,恋する娘と無理に結婚しようとする老人という図式を創造した。このロハス・ソリーリャの作品は,フランスのロトルー,スカロン,コルネイユ,ル・サージュなどが種本として利用している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android