コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロトルー ロトルー Rotrou, Jean de

3件 の用語解説(ロトルーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロトルー
ロトルー
Rotrou, Jean de

[生]1609.6. ドルー
[没]1650.6.28. ドルー
フランスの劇作家。スペインの古典劇に想を得た最初の作家で,バロック風の作品が多い。 1628年,悲喜劇『憂鬱症の男』L'Hypocondriaqueで劇壇に登場,以後ブルゴーニュ座のために多くの作品を書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ロトルー【Jean de Rotrou】

1609‐50
フランスの劇作家。パリに近いドルーで生まれる。19歳で処女作の悲喜劇《憂鬱症患者》を発表。翌年からブルゴーニュ座座付作者となり,あふれる才能のままに多くの喜劇,悲喜劇,悲劇を書き,当時の大作家コルネイユに次ぐ人気劇作家であった。スペイン劇に影響を受け,波乱に富んだ筋を巧みに構成し飽きさせない。喜劇では彼の最高傑作ともいわれる《二人ソジー》(1637),イタリア劇をまねた《妹》(1645),悲喜劇では《迫害されたロール》(1638),悲劇では古典悲劇の最初の作ともいわれる《死にゆくエルキュール》(1634)をはじめとして,《聖ジュネ正伝》(1645),《バンセスラス》(1647),《コスロエス》(1648)などが代表作。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロトルー
ろとるー
Jean de Rotrou
(1609―1650)

フランスの劇作家。ドルーの生まれ。19歳で処女戯曲を発表してから、あふれ出る空想の才のままに多くのバロック的喜劇、悲喜劇、悲劇を書いた。スペイン劇に影響を受け、華麗な文体で波瀾(はらん)に富んだ筋を巧みに構成して劇効果をあげた。喜劇では『二人ソジー』(1637)、『妹』(1645)、悲喜劇では『ロールの迫害』(1638)、悲劇では『聖ジュネ正伝』Le Vritable Saint Genest(1646)、『バンセスラス』Venceslas(1647)が代表作である。しょうこう熱蔓延(まんえん)のときに敢然として司法官の職に殉じたといわれる。[伊藤 洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロトルーの関連キーワードイヨネスコイルドフランスカッサンドルコルネイユマリボーメルシエラビッシュアダンドラアルコペーフランスソワール

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone