ロハス・ソリーリャ(読み)ろはすそりーりゃ(英語表記)Francisco de Rojas Zorrilla

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロハス・ソリーリャ
ろはすそりーりゃ
Francisco de Rojas Zorrilla
(1607―1648)

スペイン黄金時代の劇作家。トレド生まれ。サラマンカ大学で学業を修めたのちマドリードへ移り宮廷作家となる。1645年、国王フェリペ4世(在位1621~65)の推挙もあって、サンティアゴ騎士団員となる。生涯に70編に上る戯曲を残しているが、作風は、軽快で楽しい喜劇的なものから、悲劇的で荘重な趣(おもむき)のものまで変化に富む。重厚で格調ある作品として『王の他(ほか)は容赦せず』(1650没後刊)がある。黄金時代演劇の主要テーマである名誉の問題を扱っており、カルデロン・デ・ラ・バルカの『サラメアの村長』を彷彿(ほうふつ)とさせる作品である。[岩根圀和]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android