ロバート・M. ハッチンズ(英語表記)Robert Maynard Hutchins

20世紀西洋人名事典の解説

ロバート・M. ハッチンズ
Robert Maynard Hutchins


1899.1.17 - 1979.(1977.説あり)
米国の教育家,法学者。
元・シカゴ大学総長。
ブルックリン生まれ。
エール大学卒業後、1927年同大学教授となる。’29年には若干30歳でシカゴ大学総長。その傍ら、法曹界実業界でも活躍。シカゴ大学総長在任中、大学改革に尽力し、120冊の古典名著を選んだ「グレード・ブックス」による教養教育を提案。その後、エンサイクロペディア・ブリタニカ編集委員長(’43年)、フォード財団理事(’51〜54年)等を歴任。又、第二次世界大戦直後には、世界憲法制定運動を起こした。主著は「アメリカにおける高等教育」(’36年)等。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android