コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロレンツェッティ兄弟 ロレンツェッティきょうだい

世界大百科事典 第2版の解説

ロレンツェッティきょうだい【ロレンツェッティ兄弟】

イタリアの画家兄弟。ピエトロPietro Lorenzetti(?‐1348ころ)とアンブロージョAmbrogio L.(?‐1348ころ)。前者が兄と考えられる。S.マルティーニと並んで,ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャに次ぐシエナ派の第2世代に属する。ピエトロはアッシジのサン・フランチェスコ教会下堂の壁画(1320~30年代)や《玉座の聖母子》(1340年,ウフィツィ美術館)などに見られるように,シエナ派特有の線描で輪郭を強調した抽象化された形態の人物に,ジョット風の奥行きのある空間表現を組み合わせた,静謐な雰囲気の宗教画を特色とする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のロレンツェッティ兄弟の言及

【ゴシック美術】より

…ジョットはアッシジ,パドバ,フィレンツェ(サンタ・クローチェ教会)の壁画において,このような現実感のこもった劇的な宗教芸術を実現したのであった。フィレンツェのジョットとその門人たちの活動に対し,ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ,マルティーニおよびロレンツェッティ兄弟らのシエナ派の活動もめざましかった。ドゥッチョらはビザンティン絵画の伝統をおしすすめ,精巧な技巧をもって,現実感に裏づけられた中世宗教画の美を発揮する。…

【シエナ派】より

…この時期のシエナ派絵画は,フィレンツェ派と並んで,イタリア各地に強い影響を及ぼした。シモーネにつづいてメンミLippo Memmi(1317‐46活動),ロレンツェッティ兄弟(ピエトロおよびアンブロージョ)が現れ,ピエトロはよりドラマティックな表現を得意とし,逆にアンブロージョの華やかな色彩と繊細な感覚とが,14世紀末から開花する国際ゴシック様式への道を準備する。15世紀のシエナ派は前世紀ほどの隆盛と影響力を見せなかったが,のちにフィレンツェで活躍するL.モナコは敬虔で魅力ある宗教画を描き,サセッタ,ジョバンニ・ディ・パオロ,サーノ・ディ・ピエトロSano di Pietro(1406‐81)らは流行の国際ゴシック様式に,シュルレアリスムを想起させる幻想的な雰囲気を添えた。…

※「ロレンツェッティ兄弟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ロレンツェッティ兄弟の関連キーワードシエナ大聖堂美術館シエナ国立絵画館ルネサンス美術ドゥッチオドゥッチョ

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android