コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンギヌス Longinus

1件 の用語解説(ロンギヌスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ロンギヌス【Longinus】

キリスト教伝説に語られるローマの百卒長,殉教者イエス十字架にかけられたとき,そのわき腹を槍で刺した人物として知られる。ヤコブス・デ・ウォラギネ黄金伝説》(13世紀)によれば,刺した瞬間に起こった天変地異を見て回心し,さらに槍を伝って落ちてきたイエスの血により弱っていた視力を回復したのち,カッパドキアカエサレアで宣教に専心,同地で捕らえられ偶像崇拝を拒否して斬首されたという。伝説ではイエスを刺した槍は,のちコンスタンティヌス1世の母ヘレナによって聖十字架,聖釘とともに発見され,6世紀以降のロンギヌス崇敬と結びつきさまざまの〈聖槍Holy Lance〉伝説を生むことになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロンギヌスの関連キーワードキリスト教綱要キリスト教青年会デキウステルトゥリアヌスキリスト教会耶蘇キリスト教徒ローマの泉ローマの祭りキリ概

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロンギヌスの関連情報