黄金伝説(読み)おうごんでんせつ

デジタル大辞泉の解説

おうごんでんせつ〔ワウゴンデンセツ〕【黄金伝説】

《〈ラテン〉Legenda Aurea》キリスト教聖者の伝記集成。ジェノバの大司教ヤコブス=デ=ウォラギネが13世紀に筆録。信仰上また文学的にも価値の高いものとして黄金の名をもってよばれるようになった。黄金聖人伝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

黄金伝説【おうごんでんせつ】

Legenda aurea(ラテン語)の訳語。中世以降ヨーロッパに広く流布したキリスト教聖人伝の集成。ジェノバ大司教ヤコブス・デ・ウォラギネの編著。邦題の〈伝説〉は誤りで,正しくは〈朗読されるべきもの〉の意。写本,刊本ともに多く,全欧的ベストセラー。芥川龍之介《奉教人の死》の取材源。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうごんでんせつ【黄金伝説 Legenda aurea】

13世紀のドミニコ会士でジェノバの大司教となったヤコブス・デ・ウォラギネのラテン語による聖人伝集成。原題は《レゲンダ・サンクトルムLegenda sanctorum》であるが,広く行われたため15世紀に〈黄金〉の呼称がついた。レゲンダはミサの際〈朗読されるべきもの〉の意で〈伝説〉ではない。バンサン・ド・ボーベの百科事典の一部をなす《歴史の鏡Speculum historiale》,ドミニコ会士ジャン・ド・マイJean de Maillyの《聖人伝Gesta sanctorum》等を基に280章に集成された原著は,伝写の間に増補を次々とうけ,15世紀に印刷されるころには440章になっているものまである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おうごんでんせつ【黄金伝説】

中世ヨーロッパで流布した使徒・聖人伝。ジェノバ大司教ヤコブスが一三世紀に編したとされ、教会暦に従い、それぞれの期節の聖人の伝記とその期節の意義について述べたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黄金伝説
おうごんでんせつ
Legenda Aureaラテン語

聖人の伝説と教会行事からなり、中世ヨーロッパにおいてもっとも流布(るふ)した本の一つ。イタリアのドミニコ会士で、ジェノバの大司教ヤコブス・デ・ウォラギネJacobus de Voragine(1230?―98?)によって1255年から66年の間に集成されたという。
 もとより聖書の記述は素朴で、伝説に乏しく、ギリシア・ローマ神話に比べると、空想力、想像力において甚だ見劣りがし、とりわけオウィディウスの『変身物語』の絢爛(けんらん)さに圧倒されていた。それに対抗するものとして、キリスト教に殉じた多くの聖人たちの生涯や奇跡を、また数々の行事にまつわる物語を潤色し、空想化し、伝説化したのがこの『黄金伝説』である。この両著が中世の人々の想像力に大きくかかわったことは特筆される。『黄金伝説』は主の降誕と再臨に始まり、いわば旧約、新約両聖書の続編のように編纂(へんさん)され、中世カトリックの聖人伝説の根幹をなし、15世紀に印刷機が発明された際、ウィリアム・キャクストンなどによって、聖書に次いでこれが印刷されたことは、この書の重要性を物語っている。芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)の『きりしとほろ上人(しょうにん)伝』が79章に基づいているように、その影響は大きい。[船戸英夫]
『前田敬作・今村孝他訳『黄金伝説』全4巻(1979~87・人文書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の黄金伝説の言及

【聖人】より

…聖人の伝記は本来信仰を鼓舞するために教会で朗読されたのでレゲンダlegenda(〈読むべきもの〉の意)と呼ばれたが,奇跡譚の強調を通じてしだいに物語性を強めレゲンダ(伝説)化の傾向をたどった。13世紀,ジェノバ大司教ヤコブス・デ・ウォラギネの編集した《黄金伝説(レゲンダ・アウレア)》は,その集大成である。聖人伝の諸場面は,絵画や彫刻に移されて教会を飾った。…

【聖人伝】より

…カロリング朝時代には修道士による創作的伝記も盛んとなった。中世の聖人伝は歴史としての伝記を求めたのではなく宗教小説ともいえるものであり,この大成を13世紀の聖人伝集《黄金伝説》に見ることができる。 聖人伝研究は,16世紀のプロテスタントからの批判の前に歴史的正確さを求める必要に迫られ,ここに聖人伝学hagiographiaが成立した。…

【ラテン文学】より

…10世紀のオットー帝国もイタリア文化を尊重してラテン語を公用語にしたが,12世紀から13世紀にかけて再びルネサンス運動が起こって,ボローニャ,パリ,オックスフォードなど各地に相ついで大学が創設され,アベラール,トマス・アクイナス,R.ベーコンなどの大学者が登場した。このころに《ケンブリッジ歌謡集》《カルミナ・ブラーナ》などの詩集と,《黄金伝説》《ゲスタ・ロマノルム》などの伝説集が成立している。 14世紀はダンテ,ペトラルカ,ボッカッチョの世紀,イタリア・ルネサンスの前夜である。…

※「黄金伝説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黄金伝説の関連情報