コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンバルディ Lombardi, Germano

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロンバルディ
Lombardi, Germano

[生]1925. オネーリア
イタリアの小説家。ミラノからロンドン,パリ,そしてスペインと放浪生活を続け,さまざまな職業を経験したのち,作家としてローマに定住。処女作は『バルセロナ』 Barcelona (1963) ,第2作は短編集『ハインリヒの目』L'occhio di Heinrich (65) 。実験的な作品群で知られる「63年グループ」の一人。ほかに『見分けられる線』 La linea che si può vedere (67) ,『境界』 Il confine (71) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ロンバルディの関連キーワードヴィンス・ロンバルディ・トロフィーサンミケーレマッジョーレ教会ジローラモ・ダ・クレモーナデセンツァーノデルガルダロンバルディアトロフィーモンテナポレオーネ通りコルテヌオーバの戦いロンバルディア同盟オーランド ペイスバーバラ キャロルロンバルディア平原コッレオーニ礼拝堂ロンバルディア人クレスピ・ダッダパダノベネタ平原レニャーノの戦いチェルノッビオスーパーボウルV. セレーニゴルゴンツォラ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロンバルディの関連情報