ハインリヒ(英語表記)Heinrich

デジタル大辞泉の解説

ハインリヒ(Heinrich)

(1世)[876~936]中世ドイツ、ザクセン朝初代の国王。在位919~936。オットー1世の父。マジャール人の侵入を退け、東方のドイツ化、キリスト教化に努めた。
(4世)[1050~1106]中世ドイツ、ザリエル朝第3代の国王・神聖ローマ皇帝。在位1056~1106。聖職叙任権問題で教皇グレゴリウス7世と争って破門され一時は屈服したが、のち反撃して同教皇を追放、帝位を確立した。→カノッサの屈辱

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ハインリヒ【Heinrich】

(一世)(876~936) 中世ドイツの王(在位919~936)。オットー一世の父。919年ザクセン王朝を開く。
(四世)(1050~1106) 神聖ローマ皇帝(在位1056~1106)。教皇グレゴリウス七世と司教叙任権を争い、破門されて1077年カノッサ城に行き謝罪した(カノッサの屈辱)が、のち教皇を追放。
1129~1195) ドイツのザクセン公、バイエルン公。ミュンヘン・リューベックなどの東方都市の建設と発展に尽くしたが、皇帝フリードリヒ一世と対立し、所領を没収された。獅子公。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハインリヒの関連情報