ハインリヒ(英語表記)Heinrich

デジタル大辞泉の解説

ハインリヒ(Heinrich)

(1世)[876~936]中世ドイツ、ザクセン朝初代の国王。在位919~936。オットー1世の父。マジャール人の侵入を退け、東方のドイツ化、キリスト教化に努めた。
(4世)[1050~1106]中世ドイツ、ザリエル朝第3代の国王・神聖ローマ皇帝。在位1056~1106。聖職叙任権問題で教皇グレゴリウス7世と争って破門され一時は屈服したが、のち反撃して同教皇を追放、帝位を確立した。→カノッサの屈辱

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ハインリヒ【Heinrich】

(一世)(876~936) 中世ドイツの王(在位919~936)。オットー一世の父。919年ザクセン王朝を開く。
(四世)(1050~1106) 神聖ローマ皇帝(在位1056~1106)。教皇グレゴリウス七世と司教叙任権を争い、破門されて1077年カノッサ城に行き謝罪した(カノッサの屈辱)が、のち教皇を追放。
1129~1195) ドイツのザクセン公、バイエルン公。ミュンヘン・リューベックなどの東方都市の建設と発展に尽くしたが、皇帝フリードリヒ一世と対立し、所領を没収された。獅子公。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ハインリヒ

(Heinrich)
[一] (一世) ドイツ、ザクセン朝初代の王(在位九一九‐九三六)。オットー一世の父。マジャール人の侵入を退け、東方のドイツ化、キリスト教化につとめ、都市建設王といわれる。(八七六頃‐九三六
[二] (二世) ドイツ、ザクセン朝最後の王。神聖ローマ皇帝(在位一〇一四‐二四)。二度イタリアに遠征、教会を保護し、聖者王といわれた。(九七三‐一〇二四
[三] (三世) ドイツ、ザリエル朝第二代の王。神聖ローマ皇帝(在位一〇四六‐五六)。ボヘミア、ハンガリーを征服、南イタリアのノルマン人を従えた。教会の腐敗を粛正し、帝権の伸張に努めた。(一〇一七‐五六
[四] (四世) ドイツ、ザリエル朝第三代の王。神聖ローマ皇帝(在位一〇八四‐一一〇六)。教皇グレゴリウス七世と僧職叙任権をめぐって争い(カノッサの屈辱)、諸侯の離反、子どもとの対立など、波乱の生涯をおくる。(一〇五〇‐一一〇六
[五] (五世) ドイツ、ザリエル朝第四代の王。神聖ローマ皇帝(在位一一一一‐二五)。ハインリヒ四世の次子。一一二二年教皇カリクストゥス二世とウォルムス協約を結び、叙任権闘争を解決した。(一〇八一‐一一二五
[六] (六世) ドイツ、ホーエンシュタウフェン朝第三代の王。神聖ローマ皇帝(在位一一九一‐九七)。フリードリヒ一世の子。一一九四年ナポリ、シチリアを平定してシチリア王となる。ギリシア遠征中に死去。(一一六五‐九七
[七] (七世) ルクセンブルク家のドイツ国王。神聖ローマ皇帝(在位一三一二‐一三)。いわゆる諸家交立時代の国王。オットー一世以来の皇帝政策を継承、イタリアに干渉した。一三一三年没。
[八] ザクセン公およびバイエルン公。リューベックなどの商業都市を築き、多くの司教領を設けて、北東ドイツの開拓、植民に努めた。豪胆だったので獅子公と呼ばれた。一一九五年没。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハインリヒの関連情報