コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハインリヒ ハインリヒ Heinrich

2件 の用語解説(ハインリヒの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ハインリヒ(Heinrich)

(1世)[876~936]中世ドイツ、ザクセン朝初代の国王。在位919~936。オットー1世の父。マジャール人の侵入を退け、東方のドイツ化、キリスト教化に努めた。
(4世)[1050~1106]中世ドイツ、ザリエル朝第3代の国王・神聖ローマ皇帝。在位1056~1106。聖職叙任権問題で教皇グレゴリウス7世と争って破門され一時は屈服したが、のち反撃して同教皇を追放、帝位を確立した。→カノッサの屈辱

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ハインリヒ【Heinrich】

(一世)(876~936) 中世ドイツの王(在位919~936)。オットー一世の父。919年ザクセン王朝を開く。
(四世)(1050~1106) 神聖ローマ皇帝(在位1056~1106)。教皇グレゴリウス七世と司教叙任権を争い、破門されて1077年カノッサ城に行き謝罪した(カノッサの屈辱)が、のち教皇を追放。
1129~1195) ドイツのザクセン公、バイエルン公。ミュンヘン・リューベックなどの東方都市の建設と発展に尽くしたが、皇帝フリードリヒ一世と対立し、所領を没収された。獅子公。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハインリヒの関連キーワードウィルヘルムザクセン朝ザリエル朝西ドイツ東ドイツワルターフォンデアフォーゲルワイデ統一ドイツドイツ放送連盟神々の黄昏ラインの黄金

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハインリヒの関連情報