コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローアンバー raw umber

色名がわかる辞典の解説

ローアンバー【raw umber】

色名の一つ。JISの色彩規格では「暗い」としている。アンバーとは顔料の原料となる土のこと。また、その顔料。ローは原料のままという意味。一般に、アンバーを用いた顔料のような黄色みがかった茶色のこと。もとはイタリアのウンブリア地方でとれるマンガンを含む土による顔料をさした。この土を焼いた色がバーントアンバー。焼くと粒子が大きくなり、色調はみが強くなる。ローアンバーは絵の具などの色名に使われる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

ローアンバーの関連キーワードバーント・アンバー原料顔料

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android