コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーントアンバー burnt umber

翻訳|burnt umber

色名がわかる辞典の解説

バーントアンバー【burnt umber】

色名の一つ。JISの色彩規格では「ごく暗いみの」としている。バーントは「焼いた」という意味。一般に、ローアンバー(raw umber)を焼いた顔料のような濃い茶色。ローアンバーとはイタリアにあるウンブリア地方でとれるマンガンと鉄を含む土を原料とする顔料のこと。焼くと粒子が大きくなり、色調は赤みが強くなり、被覆力が増す。顔料や絵の具の色として知られる。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

バーントアンバー【burnt umber】

濃く、黒みがかった茶色。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

バーントアンバーの関連キーワード環境JIS学校用家具国際計量計測用語JISJIS漢字水準旧JISJIS X0221マンセル表色系新JIS試薬

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バーントアンバーの関連情報