コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーントアンバー burnt umber

翻訳|burnt umber

2件 の用語解説(バーントアンバーの意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

バーントアンバー【burnt umber】

色名の一つ。JISの色彩規格では「ごく暗いみの」としている。バーントは「焼いた」という意味。一般に、ローアンバー(raw umber)を焼いた顔料のような濃い茶色。ローアンバーとはイタリアにあるウンブリア地方でとれるマンガンと鉄を含む土を原料とする顔料のこと。焼くと粒子が大きくなり、色調は赤みが強くなり、被覆力が増す。顔料や絵の具の色として知られる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

バーントアンバー【burnt umber】

濃く、黒みがかった茶色。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バーントアンバーの関連キーワード青緑オリーブグリーン黄赤黄緑グラスグリーンシルバーグレイスカイブルー鉄色鉄黒マルーン

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone