ローカルパーティー(読み)ろーかるぱーてぃー

日本大百科全書(ニッポニカ)「ローカルパーティー」の解説

ローカルパーティー
ろーかるぱーてぃー

全国各地につくられている地域に密着した政党地域政党ともいう。これに対して国政に関する政党をナショナルパーティーとよぶ。1994年10月に、新潟市で社会民主党(社民党)の基本政策に反対する同党支持者らが「市民新党にいがた」(2002年「緑・にいがた」と改称)を結成したのをはじめ、神奈川、静岡、愛知、兵庫、熊本など多くの都道府県で活動している。有権者の価値観の多様化、全国政党への不信感の高まりを背景に、身近な教育や福祉、ゴミ問題などで具体策を提示できるとして広がりをみせている。各地のローカルパーティーを結びつける全国ネットワークがつくられており、NPO(民間非営利組織)や全国政党との提携もみられる。外国では、イタリアの北部同盟カナダケベック連合などが注目されている。

[橋本五郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android