ローカルパーティー(英語表記)local party

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローカルパーティー
ろーかるぱーてぃー

全国各地につくられている地域に密着した政党。地域政党ともいう。これに対して国政に関する政党をナショナルパーティーとよぶ。1994年10月に、新潟市で社会民主党(社民党)の基本政策に反対する同党支持者らが「市民新党にいがた」(2002年「緑・にいがた」と改称)を結成したのをはじめ、神奈川、静岡、愛知、兵庫、熊本など多くの都道府県で活動している。有権者の価値観の多様化、全国政党への不信感の高まりを背景に、身近な教育や福祉、ゴミ問題などで具体策を提示できるとして広がりをみせている。各地のローカルパーティーを結びつける全国ネットワークがつくられており、NPO(民間非営利組織)や全国政党との提携もみられる。外国では、イタリアの北部同盟やカナダのケベック連合などが注目されている。[橋本五郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android