ロードレース世界選手権(読み)ロードレースせかいせんしゅけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際モーターサイクリズム連盟 FIMが主催するオートバイのロードレース世界選手権シリーズ。MotoGPの愛称で知られる。世界各国を転戦し,年間 16戦程度開催される。ポイント制でシリーズチャンピオンを決定する。2002年から最高峰クラスが従来の 500ccクラスから,500ccの 2ストロークと 990ccまでの 4ストロークのマシン走する MotoGPクラスに改められた。ほかに 250ccクラスと 125ccクラスがある。日本では 1963年から 3年間三重県の鈴鹿サーキットで,1966,1967年には静岡県の富士スピードウェイで開催。その後,1987年から再び開催されるようになり,栃木県のツインリンクもてぎも開催地に加わった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

各メーカーが技術の粋を集めたマシンで争う二輪レースの最高峰に位置するシリーズ。1949年開始。500〜990ccのMoto GP、250cc、125ccの3クラスに分かれている。2001年までは通称ワールドグランプリ(WGP)といわれていたが、500ccのレギュレーション(規定)が変わり、4ストロークの排気量が990ccまで認められるMoto GPクラスとなった。2006年は17戦行われるシリーズで、世界各国を回り総合ポイントで、ライダーとメーカーの年間チャンピオンを決める。87年からは毎年、鈴鹿サーキットでも日本GPが開催されるようになったが、04年はコース改修工事の協議が必要となり休止。それ以降はツインリンクもてぎ(栃木)で日本GPが開催されている。

(折山淑美 スポーツライター / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロードレース世界選手権の関連情報