ロープシン(読み)ろーぷしん(英語表記)В. Ропшин/V. Ropshin

  • 1879―1925
  • Ropshin

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロシアの革命家、小説家、詩人。本名ボリス・ビクトロビチ・サビンコフБорис Викторович Савинков/Boris Viktorovich Savinkov。ワルシャワに生まれ、ペテルブルグ大学に学び、24歳で社会革命党(SR(エスエル))戦闘団に加わる。セルゲイ大公、プレーベ内相など帝政要人の暗殺はその指揮による。戦闘団崩壊後、処女作『蒼(あお)ざめた馬』(1909)、『無(な)かったところのこと』(1912)を発表、二月革命(1917)に際し、ケレンスキー内閣の陸軍次官を務めた。革命後、白軍を率いてキエフを占領、敗れてパリに亡命。1923年処女作の姉妹作『漆黒の馬』を上梓(じょうし)、1924年ソ連へ潜入するも捕らえられ、翌1925年獄中で投身自殺。没後出版の『一テロリストの回想』(1926ソ連で刊行)、『ロープシン遺稿詩集』(1931ニースで刊行。女流の亡命詩人ギッピウス(1869―1945)の影響が認められる)などがある。

[工藤正広]

『川崎浹訳『テロリスト群像』(1967・現代思潮社)』『川崎浹訳『ロープシン遺稿詩集』(2010・未知谷)』『川崎浹訳『蒼ざめた馬』(岩波現代文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android