コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロープシン Ropshin

百科事典マイペディアの解説

ロープシン

サビンコフ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ロープシン【Ropshin】

1879~1925) 〔本名 Boris Viktorovich Savinkov〕 ロシアの革命家・小説家・詩人。テロリストの心理を描いた日記体小説「蒼ざめた馬」で名高い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロープシン
ろーぷしん
В. Ропшин V. Ropshin
(1879―1925)

ロシアの革命家、小説家、詩人。本名ボリス・ビクトロビチ・サビンコフБорис Викторович Савинков/Boris Viktorovich Savinkov。ワルシャワに生まれ、ペテルブルグ大学に学び、24歳で社会革命党(SR(エスエル))戦闘団に加わる。セルゲイ大公、プレーベ内相など帝政要人の暗殺はその指揮による。戦闘団崩壊後、処女作『蒼(あお)ざめた馬』(1909)、『無(な)かったところのこと』(1912)を発表、二月革命(1917)に際し、ケレンスキー内閣の陸軍次官を務めた。革命後、白軍を率いてキエフを占領、敗れてパリに亡命。1923年処女作の姉妹作『漆黒の馬』を上梓(じょうし)、1924年ソ連へ潜入するも捕らえられ、翌1925年獄中で投身自殺。没後出版の『一テロリストの回想』(1926ソ連で刊行)、『ロープシン遺稿詩集』(1931ニースで刊行。女流の亡命詩人ギッピウス(1869―1945)の影響が認められる)などがある。[工藤正広]
『川崎浹訳『テロリスト群像』(1967・現代思潮社) ▽川崎浹訳『ロープシン遺稿詩集』(2010・未知谷) ▽川崎浹訳『蒼ざめた馬』(岩波現代文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ロープシンの関連キーワードボリス サビンコフV. ロープシン青野 季吉1月19日

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android