コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒼ざめた馬

2件 の用語解説(蒼ざめた馬の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

蒼ざめた馬

英国の作家アガサ・クリスティミステリー(1961)。原題《The Pale Horse》。神父撲殺事件に興味を覚えた学者マークは、三人の魔女が住むという屋敷〈蒼ざめた馬〉に乗り込んでいく。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒼ざめた馬
あおざめたうま
Конь бледный Kon' bledny

ロシアの作家ロープシンの小説。1909年刊。ロシア革命胎動期の1905年、カリャーエフ(作中ではワーニャ)が投弾したセルゲイ大公暗殺までの実際の体験をもとにした日記体小説。表題は黙示録の死の暗喩(あんゆ)「蒼ざめた馬」による。主人公ジョージの、目的のためにはすべてが許されるという殺人の論理と、キリストの「愛」に寄りすがってのワーニャのテロルの論理との対立が追求されている。透徹した詩的文体で、主人公=作者の抱え込んだニヒリズム、「末期(まつご)の眼(め)」に映った自然描写も見どころ。同じ難問をカミュは戯曲『正義の人々』(1949)で取り上げ、カリャーエフに「地上の愛」のために死する夢想家を追求した。[工藤正広]
『工藤正広訳『蒼ざめた馬』(1969・晶文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蒼ざめた馬の関連キーワード動く指死が最後にやってくる死人の鏡杉の柩ゼロ時間へねじれた家ビッグ4複数の時計ポアロのクリスマス魔術の殺人

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蒼ざめた馬の関連情報