コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒼ざめた馬

デジタル大辞泉プラスの解説

蒼ざめた馬

英国の作家アガサ・クリスティのミステリー(1961)。原題《The Pale Horse》。神父撲殺事件に興味を覚えた学者マークは、三人の魔女が住むという屋敷〈蒼ざめた馬〉に乗り込んでいく。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒼ざめた馬
あおざめたうま
Конь бледный Kon' bledny

ロシアの作家ロープシンの小説。1909年刊。ロシア革命胎動期の1905年、カリャーエフ(作中ではワーニャ)が投弾したセルゲイ大公暗殺までの実際の体験をもとにした日記体小説。表題は黙示録の死の暗喩(あんゆ)「蒼ざめた馬」による。主人公ジョージの、目的のためにはすべてが許されるという殺人の論理と、キリストの「愛」に寄りすがってのワーニャのテロルの論理との対立が追求されている。透徹した詩的文体で、主人公=作者の抱え込んだニヒリズム、「末期(まつご)の眼(め)」に映った自然描写も見どころ。同じ難問をカミュは戯曲『正義の人々』(1949)で取り上げ、カリャーエフに「地上の愛」のために死する夢想家を追求した。[工藤正広]
『工藤正広訳『蒼ざめた馬』(1969・晶文社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

蒼ざめた馬の関連キーワードカレン シャフナザーロフボリス サビンコフV. ロープシンサビンコフポーター能島瑞穂五木寛之直木賞

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蒼ざめた馬の関連情報